pompousの意味は?例文もご紹介

Studentpompousは私がvipabcのレッスンを受けているなかで出てきた単語です。中学、高校英語では学ばない単語なので「はじめて見た、聞いた!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここではpompousについて、その意味についてご紹介します。

vipabcの無料体験レッスン詳細(今なら先着でAmazonギフト券1000円分プレゼント)

pompousの意味

pompousの意味は以下の通りです。

  1. (言動などが)もったいぶった、大げさな、気取った
  2. 偉そうな、横柄な、思い上がった
  3. 堂々とした、壮麗な、豪華な、華やかな

pompousについて、vipabcでは以下のように意味を教えていもらいました。

  • someone who is pompous thinks that they are important, and show this by being very formal and using long words.

Cambridge dictionaryでも意味として以下の通り解説されています。

  • feeling or showing that you think you are better or more important than other people
  • too serious and full of importance

pompousの使い方

さて、先ほど意味を理解したpompousの使い方ですが、以下に例文を記したいと思います。

  1. I regarded him as somewhat pompous and opinionated.
  2. He can sometimes sound a little pompous when he talks about acting.
  3. take a pompous attitude

vipabcではビジネス関連のpompousを学ぶセッションの際以下の通りの文言で出てきました。

Groundbreaking
This is not good because it has been so overused that has become cliche and lost any impact it might have oonce had. Besides, unless you’re selling something that really is groundbreaking, it sounds rather pompous.

Guaranteed
This is a popular one, but it either makes you sound like a 19th-century street hawker or a con artist. In any case, by making statements such as “The lowest price in town guaranteed,” you’re asking for trouble

この文章を読んで、pompousの使い方について少しイメージがついたでしょうか?意味を「過度な」と捉えて会話中イメージしておけば、どんな内容が来ても意味を取りちがえることはないと思います。

これで大体の使い方が分かりましたでしょうか?あとは実戦。ご自身で書いたり読んだり、発話したりして体に染み込ませていってください。

最後に

この記事では特定の単語・イディオムについて、その意味や使い方について説明してきました。いかがでしたでしょうか?

さて、この記事をご覧の方は独学で英語の勉強をされている方がほとんどだと思います。

そんな方々に向けて。

私はvipabc英会話というオンライン英会話を利用するようになって自分の英語能力が一気に上がったのを実感しています。

これまで発話のペースが速くて聞き取れなかったネイティブの英語を聞き取れるようになったことをはじめ、対話の際の考える間がかなり短くなったことで自然と気負わず外国人と話すことができるようになりました。

もし今ビジネスで英語を使っている、もしくは使う可能性があって英語を学んでいる方のなかでしっかり能力を伸ばしたい方はvipabcがおすすめです。

vipabcは無料体験を用意していますので、まずは私がおすすめするvipabc英会話を肌で感じてみてはいかがでしょうか?体験して自分にあっている、伸びそうだと思たら進んで行くのが良いと思っています。

この記事が参考になれば幸いです。