nagの意味は?例文もご紹介

Studentnagは私がvipabcのレッスンを受けているなかで出てきた単語です。中学、高校英語では学ばない単語なので「はじめて見た、聞いた!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここではnagについて、その意味についてご紹介します。

vipabcの無料体験レッスン詳細(今なら先着でAmazonギフト券1000円分プレゼント)

nagの意味

nagの意味は以下の通りです。

  1. しつこく求める
  2. がみがみ小言を言う
  3. うるさくせがんで〇〇させる

nagについて、vipabcでは以下のように意味を示しています。

  • to keep asking someone to do something, or to keep complaining to someone about their behaviour, in an annoying way.

日常生活においてもnagはそこそこ利用される単語で「うるさく〇〇をせがむ」と言った使い方においては登場頻度が高いように思います。

nagの使い方

nagの使い方ですが、以下に例文を記します。

  1. She was always nagging at the staff.
  2. She nagged him to purchase a new ring.
  3. I nagged the man to buy me a new keyboard

vipabcではビジネス関連のnagを学ぶセッションの際以下の通りの文言で出てきました。

Inform your superiors;
Showing competence and diligence at work can easily be carried out by following one simple and easy trick – inform your superiors. Whether or not your higher-up is calling for progress updates, you should provide them often. Sending word on your development, movement, and pace of a task or project shows your colleagues that you take your work seriously and that you see the importance in taking the time to communicate where you’re at with your superiors. However, don’t do it too much – that’s called nagging.

この文章を読んで、仕事上でnagが現れた場合の意味合いを理解できたのではないでしょうか?職場で上司に都度報告したり、今どの状況かを報告するのは良いことで、進んでやるべき。ただ、状況報告すると都度Feedbackがあるのは当たり前で、結局それを求めることになり、それが頻繁になるとnagになると言うことです。

これで大体の使い方が分かりましたでしょうか?あとは実戦。ご自身で書いたり読んだり、発話したりして体に染み込ませていってください。

最後に

この記事では特定の単語・イディオムについて、その意味や使い方について説明してきました。いかがでしたでしょうか?

さて、この記事をご覧の方は独学で英語の勉強をされている方がほとんどだと思います。

そんな方々に向けて。

私はvipabc英会話というオンライン英会話を利用するようになって自分の英語能力が一気に上がったのを実感しています。

これまで発話のペースが速くて聞き取れなかったネイティブの英語を聞き取れるようになったことをはじめ、対話の際の考える間がかなり短くなったことで自然と気負わず外国人と話すことができるようになりました。

もし今ビジネスで英語を使っている、もしくは使う可能性があって英語を学んでいる方のなかでしっかり能力を伸ばしたい方はvipabcがおすすめです。

vipabcは無料体験を用意していますので、まずは私がおすすめするvipabc英会話を肌で感じてみてはいかがでしょうか?体験して自分にあっている、伸びそうだと思たら進んで行くのが良いと思っています。

この記事が参考になれば幸いです。