detrimentalの意味は?例文もご紹介

Studentdetrimentalは私がvipabcのレッスンを受けているなかで出てきた単語です。中学、高校英語では学ばない単語なので「はじめて見た、聞いた!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここではdetrimentalについて、その意味についてご紹介します。

vipabcの無料体験レッスン詳細(今なら先着でAmazonギフト券1000円分プレゼント)

detrimentalの意味

detrimentalの意味は以下の通りです。

  1. 有害な
  2. ・・・に有害で

detrimentalについて、vipabcでは以下のように意味を教えていもらいました。

  • causing harm or damage.
    (害や損傷を起こす)

Cambridge dictionaryでも意味として以下の通り解説されています。

  • causing harm or damage.
    (害や損傷を起こす)

detrimentalの使い方

さて、先ほど意味を理解したdetrimentalの使い方ですが、以下に例文を記したいと思います。

  1. These chemicals have a detrimental effect on the environment.
  2. Today’s board members’ decision will be detrimental to the future of the company.

vipabcではビジネス関連のdetrimentalを学ぶセッションの際以下の通りの文言で出てきました。

Although transparency has proven to be detrimental to both large and small business from time to time, using transparency to your benefit is often a benign way to grow your organization. Transparency can do wonders in way of building a reputation among employees and customers; transparency could also crumble your venture in a second. Knowing when and why to be transparent mostly comes from good judgement and experience.

この文章を読んで、detrimentalの使い方について少しイメージがついたでしょうか?意味を「有害な」と捉えて会話中イメージしておけば、どんな内容が来ても意味を取りちがえることはないと思います。上記の文章もそのように理解しておけばスムーズにですよね。

これで大体の使い方が分かりましたでしょうか?あとは実戦。ご自身で書いたり読んだり、発話したりして体に染み込ませていってください。

最後に

この記事では特定の単語・イディオムについて、その意味や使い方について説明してきました。いかがでしたでしょうか?

さて、この記事をご覧の方は独学で英語の勉強をされている方がほとんどだと思います。

そんな方々に向けて。

私はvipabc英会話というオンライン英会話を利用するようになって自分の英語能力が一気に上がったのを実感しています。

これまで発話のペースが速くて聞き取れなかったネイティブの英語を聞き取れるようになったことをはじめ、対話の際の考える間がかなり短くなったことで自然と気負わず外国人と話すことができるようになりました。

もし今ビジネスで英語を使っている、もしくは使う可能性があって英語を学んでいる方のなかでしっかり能力を伸ばしたい方はvipabcがおすすめです。

vipabcは無料体験を用意していますので、まずは私がおすすめするvipabc英会話を肌で感じてみてはいかがでしょうか?体験して自分にあっている、伸びそうだと思たら進んで行くのが良いと思っています。

この記事が参考になれば幸いです。