contentiousの意味は?例文もご紹介

Studentcontentiousは私がvipabcのレッスンを受けているなかで出てきた単語です。私にとって新しい単語だったのですが、同じように「はじめて見た、聞いた!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここではcontentiousについて、その意味についてご紹介します。

vipabcの無料体験レッスン詳細(今なら先着でAmazonギフト券1000円分プレゼント)

contentiousの意味

contentiousの意味は以下の通りです。

  1. 争い好きな
  2. 論争好きな
  3. 議論を引き起こす

contentiousについて、vipabcのレクチャーのなかでは以下ののように講師に教えてもらいました。

  • causing a lot of argument and disappointment between people
  • (たくさんの議論や失望を引き起こす)

Cambridge dictionaryでもvipabcと同じような意味として以下の通り解説されています。

  • causing , involving, or likely to cause disagreement and argument:
  • (反対や議論を引き起こす)

contentiousの使い方

contentiousの使い方ですが、以下に例文を記します。

  1. The proposal is highly contentious.
  2. In short, practice was very varied and any change was likely to be contentious.
  3. However, their content and conduct is highly contentious and discussion is problematised.

vipabcでは以下の通りの文言で例として出てきました。

Invade one’s bubble;
Some people highly value their personal space, whereas other do not. Those among us who relish it often feel violated when it is breached. Therefore, as a general rule, you should learn to keep your physical distance of just under a meter in conversation so as not to make someone feel under attack. Personal space isn’t always physical, either; muscling your way into conversation or meddling with someone’s affairs can give off intrusive vibes and might cause a bit of contentious trouble.

これで大体の使い方が分かりましたでしょうか?あとは実戦。ご自身で書いたり読んだり、発話したりして体に染み込ませていってください。

最後に

この記事では特定の単語・イディオムについて、その意味や使い方について説明してきました。いかがでしたでしょうか?

さて、この記事をご覧の方は独学で英語の勉強をされている方がほとんどだと思います。

そんな方々に向けて。

私はvipabc英会話というオンライン英会話を利用するようになって自分の英語能力が一気に上がったのを実感しています。

これまで発話のペースが速くて聞き取れなかったネイティブの英語を聞き取れるようになったことをはじめ、対話の際の考える間がかなり短くなったことで自然と気負わず外国人と話すことができるようになりました。

もし今ビジネスで英語を使っている、もしくは使う可能性があって英語を学んでいる方のなかでしっかり能力を伸ばしたい方はvipabcがおすすめです。

vipabcは無料体験を用意していますので、まずは私がおすすめするvipabc英会話を肌で感じてみてはいかがでしょうか?体験して自分にあっている、伸びそうだと思たら進んで行くのが良いと思っています。

この記事が参考になれば幸いです。